過去の投稿

HOME > カウンセリング

カウンセリング

10

社員一人ひとりが自分自身のことを「知る」こと

 ・自分が抱えている問題を自分で把握すること

 ・自分がどうすれば問題が解決できるかを見つける

 ・仕事をする上で、自分にはどういう傾向があるかを知っておく

 ・自分のストレス予防方法を知っておく

 ・自分の能力を把握し、スキルアップしたい点を見つける


カウンセリングは、カウンセラーが答えを見つけて誘導していくのではなく、自分自身で自分の問題を見つけていくことです。自分の問題を見つけて、それをカウンセラーと会社があなたと一緒に問題を解決していく手助けをします。

カウンセリングには、「面談カウンセリング」「電話カウンセリング」「メールカウンセリング」と利用方法はさまざまです。

 

 

以下の症状でお困りの方、ご相談ください。

人間関係

引きこもり、無気力、生きがい、不登校、学校・職場問題、家庭内暴力、異常行動、暴言、親子・家族関係の困難、摂食障害、依存症、睡眠障害、恐怖感、対人関係、友達ができない、アダルトチルドレン、うつ病、自律神経、更年期障害、神経症、ノイローゼ、自殺願望、性の悩み、恋愛・失恋問題、セクハラ・パワハラ、人生相談、疲れが取れない、将来不安、トラウマ、自傷行為(リストカット等)、薬物依存、ギャンブル依存、パニック障害など

身体症状

不眠、頭痛、胃痛、腰痛、肩こり、倦怠感、イライラする、落ち込み、拒食・過食など

 

 

 

 

 


▲このページの上部へ